Crypto NFT 暗号資産(仮想通貨)

【誰でもできる】メタマスクに「Base (ベース) 」ネットワークを追加する方法

本記事では、MetaMask(メタマスク)に「Base (ベース) 」ネットワークを追加する方法を解説します。
画像付きで解説するので、初心者の方でも簡単にできます。安心して読み進めてください。

本記事でわかること

・Baseとは?
・MetaMaskにBaseを追加する方法

Baseとは?

Baseとは、アメリカの大手暗号資産取引所「Coinbase(@coinbase)」によって発表された、イーサリアムのレイヤー2チェーンです。

レイヤー2とは、イーサリアム(レイヤー1)が抱える問題解決を目的としたブロックチェーンです。

Base(@base)は、2023年8月9日にメインネットが正式にローンチされました。

主要なレイヤー2ブロックチェーン

・アービトラム(Arbitrum)
・オプティミズム(Optimism)
・ボバ(BOBA)

「メタマスクにBaseネットワークを追加する方法」を画像付きで解説します。

MetaMaskにBaseネットワークを追加する方法

①赤枠をクリックします。

②「ネットワークを追加」をクリックしてください。

③「ネットワークを手動で追加」をクリックします。

④5つの情報を入力します。

・ネットワーク名:Base
・新しいRPC URL:https://mainnet.base.org
・チェーンID:8453
・通貨記号:ETH
・ブロックエクスプローラーの URL (任意):https://basescan.org

上記の情報はBaseの公式サイトから引用しているので、安心して追加をしてください。

⑤入力が完了したら「保存」をクリックしてください。

⑥「ネットワークが追加されました!」と表示されるので「閉じる」をクリックします。

⑦MetaMaskを開いて、赤枠をクリックてください。

⑧「Base」が追加されていることを確認してください。

Baseが追加されていれば、ここで終了です。お疲れさまでした。

※本記事は情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。

-Crypto, NFT, 暗号資産(仮想通貨)
-, , , ,